雪が降った

昨日から雪が降って家の周りが白い。
けど道路に雪がないだけまだマシかな?
寒いのでどのみち外に出るつもりはないけど。

寒すぎて絵を描こうにも手がこたつからなかなか出せない。
ストーブをつけて部屋を暖めてやっとという感じ。
描きたくても描けないのは少しもどかしいなぁ…。


今日のイラスト↓
Su-24 Fencer 170901
Su-24 フェンサーを描いてみた。


ペーパークラフトの進捗
Su-27 フランカーの展開が完成しました。
2月上旬に完成できたらいいなぁ。
寒いせいでやる気が少しそがれてます。




スポンサーサイト

寒くなったなぁ

冬らしい寒さになってきました。
朝起きれば寒さで布団からなかなか脱出できなかったり、
近くの水たまりが凍っていたりします。
最近では雪も降って少し積もりました。
毎日こんなに寒いと外に出るのが嫌になるなぁ…。


今日のイラスト↓
Su-27 Flanker 171023
Su-27を描いてみた。


今日のペーパークラフト↓
Vampire-1.jpg
やっと戦闘機 ヴァンパイアが完成しました。
イギリスの戦闘機を作っていないなぁと思って作りました。
ちなみに適当に調べるまでこの戦闘機の存在を自分は知りませんでした。


上から見たところ↓
Vampire_top.jpg
主翼の右側のつなぎ目が汚くなってしまったなぁ。


横から見たところ↓
Vampire_side.jpg
見た感じは悪くないかも。


前から見たところ↓
Vampire_front.jpg
エアインテークの出来が少し汚くなったのが個人的に気になるかなぁ…。


後ろから見たところ↓
Vampire_back.jpg
ぱっと見た感じは問題ないかも?


下から見たところ↓
Vampire_bottom.jpg
主翼右側のつなぎ目が気になるなぁ…。



デ・ハビランド ヴァンパイアを制作した感想は、
自分が思ったより出来が良いと思います。
ただ主翼のつなぎが少し汚くなったのが残念な点です。


雑なデ・ハビランド ヴァンパイアの解説
イギリスの航空機メーカー、デ・ハビランド社が開発したジェット黎明期の戦闘機。
低価格で構造が単純だったため世界各国で使用され、ジェット戦闘機ではかなりの成功作になった。
海軍でもジェット戦闘機に関心を持ち、
空母から運用出来るようにした機体をシーバンパイア(Sea Vampire)として採用した。
シーバンパイアは空母から運用された初のジェット艦上戦闘機といわれているが、
海軍が導入した機体はわずか20機で全てジェット機の訓練用に使用された。
これは初期のジェット機は着艦が難しかったことと、初期型は航続距離が極端に短かったたである。

ちなみに日本も国産ジェット練習機の技術研究用で1機購入している。
現在は航空自衛隊浜松広報館で展示されている。


参考にした解説
デ・ハビランド ヴァンパイア - Wikipedia




まだまだ暑い

日中は外にいるとまだまだ暑いなぁと思う。
夜中になると急に涼しくなって、少し寒いと感じる時がある。
そのせいか、夜にヤモリが来る頻度が減った気がする。
そのかわりに昼はカナヘビの子供をよく見る。
8月に比べてセミの鳴き声が静かになったなぁ…。


なんとなくカナヘビの子供の写真↓
kanahebi-2.jpg
日光浴中に寝ているように見える1枚。


今日のイラスト↓
F-4_PhantomⅡ 170610
戦闘機F-4 ファントムⅡを描いてみた。


今日の折り紙↓
Origami-46.jpg
端正な折り紙 (山口 真 著、ナツメ社)より
ツル星人

久しぶりの折り紙です。
もう少しきれいに折りたかったけど妥協しました。
そのうちリベンジするかも?




もう少しで7月

今年の暑さはどうなるのかなぁ。
できたら猛暑の日が少なければいいけど、
暑いのは嫌だなぁ。
熱中症にならないように気を付けないと。


今日のイラスト↓
Panavia-Tornado 170321
戦闘機(トーネード)を描いてみた。


今日の折り紙↓
Origami-45.jpg
端正な折り紙 (山口 真 著、ナツメ社)よりねずみ




砂の季節

空を見ると霞んでいることがある。
今年もまた中国から砂の飛んできているんだなぁと思いつつ、
目や体が少し痒かったりするので少し困る。
でも、黄砂が飛び終わったら今度は暑さのせいで、
体が痒くなる季節が来るんだよなぁ…。
砂も嫌いだけど、暑いのも嫌いだなぁ…。


今日のイラスト↓
MiG-29 Su-27 170331
MiG-29とSu-27
ペーパークラフトの作製ついでに描いてみた。


今日のペーパークラフト↓
MiG-29S_V2.jpg
MiG-29 フルクラムのペーパークラフトが完成しました。
以前作製した時よりもクオリティは上がっているかな?

以前のMiG-29↓
mig-29.jpg



上から見たところ↓
MiG-29S_top.jpg
エンジンノズル付近が少し汚いかな?


横から見たところ↓
MiG-29S_side.jpg
見た感じきれいに出来たかな?
少し見づらいですがアンテナも付いています。

前から見たところ↓
MiG-29S_front.jpg
ちょっと歪んでいるけどまあいいか。


後ろから見たところ↓
MiG-29S_back.jpg
エンジンノズルをもう少しきれいに作りたかったなぁ。


下から見たところ↓
MiG-29S_bottom.jpg
今回はハードポイントは付けていません。


MiG-29を制作した感想は、
思っていたよりはきれいに作ることができました。
個人的にはもう少し継ぎ目を減らせたらいいなぁと思っています。
次回作はアメリカの戦闘機を作ろうかな?


雑なMiG-29の解説
ソ連のミグ設計局が開発した戦闘機。
NATOコードネームはフルクラム(Fulcrum)、ロシアでの愛称はラーストチュカ(ロシア語でツバメの意)。
同時期にスホーイ設計局が開発したSu-27と形状が似ているのは中央流体力学研究所(TsAGI)の研究結果を取り入れたためである。
運用国はロシアの他に配備している国は旧ソ連諸国やインドなどと多い。
北朝鮮にも30~40機(諸説あり)配備されているが、稼働している機体数はごくわずかだけらしい?



参考にした解説
MiG-29 (航空機) - Wikipedia
完全版 世界の軍用機図鑑 (神奈川憲、後藤 仁、嶋田久典、谷井成章 著、 コスミック出版)
MiG-29 フルクラム(世界の名機シリーズ)(青木謙知、藤田勝啓 著、イカロス出版)




今まで描いたイラスト
今まで作ったペーパークラフト
今まで作った折り紙たち
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

訪れた人の数