fc2ブログ

ペーパークラフトの制作(MiG-1.44)

今日のペーパークラフト↓
MiG-144_Ver102.jpg
MiG-1.44のペーパークラフトが完成しました。
ちなみにMiG-1.44の正式な名称は1.44やイズデリヤ1.44らしいです。
イズデリヤ(Изделие)はロシア語で製品という意味。


横から見たところ↓
MiG-144_Ver102_side.jpg
比較的綺麗に出来ているかな?


上から見たところ↓
MiG-144_Ver102_top.jpg
上から見ても綺麗に出来ているかも?


下から見たところ↓
MiG-144_Ver102_btm.jpg
出来は悪くないかも?


前から見たところ↓
MiG-144_Ver102_frt.jpg
今回は歪みは小さくて良かった。


後ろから見たところ↓
MiG-144_Ver102_bck.jpg
ノズルは指で円状に加工してみました。


MiG-1.44を作った感想は、
一部アンテナなどは省略しましたが、比較的綺麗に出来て良かったです。
あとはそのうちSu-47を作り直したいなぁと思っています。


MiG-1.44の雑な解説
ミグ設計局が多機能前線戦闘機(MFI)計画に提案した1.42の概念実証機。
NATOコードネームはフラットパック。
MFI計画中にソ連崩壊により財政難になり、計画は中止となった。
しかし、ライバルのスホーイがSu-47を初飛行させたことで、
1.44も初飛行することが決まり、2000年に初飛行に成功した。


参考にした解説
1.44 (航空機) - Wikipedia
MFI (航空機) - Wikipedia




スポンサーサイト



10月ももう終わり

明日から11月ですね。
日が暮れるのが早くなってきました。
気温もどんどん低くなってきて寒くなってきまので、
風邪を引かないように気をつけないといけませんね。
風邪を引くと色々とややこしいですから。


今日のイラスト↓
Maid-Diana-Aura-Luna 200330




ペーパークラフトの進捗(MiG-1.44)

今回のペーパークラフトは
MiG-1.44を作ることにしました。
展開図の作成用の3Dができたので載せておきます。

MiG-144_3D.png




ペーパークラフトの制作(トーネードIDS)

今日のペーパークラフト↓
TND-IDS_Ver1_OPW.jpg
トーネードIDSのペーパークラフトが完成しました。
今回は可動翼に初挑戦してみましたが…。


TND-IDS_Ver1_CLW.jpg
無事に翼部分を動かすことが出来ました。
(さすがに左右が連動させることはできませんでしたが…。)
1枚目の写真は後退角25度、2枚目は67度にしていますが、
上の2枚の写真ではちょっとわかりずらいですね。


上から見たところ↓
TND-IDS_Ver1_OPW_top.jpg
TND-IDS_Ver1_CLW_top.jpg
1枚目は後退角25度、2枚目は67度にしています。


下から見たところ↓
TND-IDS_Ver1_OPW_btm.jpg
関係ないことですが、
エースコンバット7にトーネードは登場しなかったなぁ…。
04には登場していたのに…。


横から見たところ↓
TND-IDS_Ver1_OPW_side.jpg
真ん中あたりでのつなぎ方が少し悪かったので、
ちょっと曲ってしまった。


前から見たところ↓
TND-IDS_Ver1_OPW_frt.jpg
前から見た感じもそこそこいい感じかな?


後ろから見たところ↓
TND-IDS_Ver1_OPW_bck.jpg
エンジンノズルはもう少し丸みを付ければよかったですね…。


トーネードIDSを作った感想は
心配だった可動翼の部分が上手く出来て良かったなぁと思います。
これでF-14やSu-24などの他の可動翼機も作れるかも?


トーネードIDSの雑な解説
イギリス、ドイツ、イタリアが国際協同開発した戦闘攻撃機だが、
開発は主にイギリスが実施していた。
IDS(攻撃・阻止型)はトーネードの基本型であり、
戦術対地・対艦攻撃や戦術偵察を主な任務とするタイプがある。
前席からのみ操縦できるものと後席からも操縦できるものがあり、
作戦能力の違いはないが、後席から操縦できるものは転換訓練に使用できる。
実戦では湾岸戦争やイラク戦争に参加していた。


参考にした解説
トーネードIDS - Wikipedia
パナビア トーネード (世界の名機シリーズ)(青木 謙知 著、イカロス出版)




カナヘビの写真

久しぶりにカナヘビの写真でも載せておこう。

kanahebi20101701.jpg
カナヘビの子供。

kanahebi20101702.jpg
日光浴中のカナヘビ。

kanahebi20101703.jpg
茂みの中のカナヘビ。


今日のイラスト↓
Maid-Diana 200508




ペーパークラフトの進捗 (トーネードIDS)

今回のペーパークラフトは
パナビア・エアクラフト社の トーネードを作ることにしました。
可動翼の戦闘機は初めて作るのでどうなるやら…。


展開図の制作用に作った3D↓
Tornado-IDS_3D.png




ペーパークラフトの制作(F-16XLのリメイク)

今回からペーパークラフトは、
記事を分けて載せることにしました。

というわけで
今日のペーパークラフト↓
F-16XL_Ver2.jpg
F-16XLのペーパークラフトが完成しました。
初期に作った時よりは綺麗に出来ていると思います。


ちなみに以前作ったF-16XLのペーパークラフト↓
F-16XL.jpg
この時はまだ普通の印刷用紙で作っていました。
見た目がカクカクしていますね。


横から見たところ↓
F-16XL_Ver2_side.jpg
垂直尾翼が少し後ろに下がっているけどまぁいいか。


上から見たところ↓
F-16XL_Ver2_top.jpg
全体的に綺麗にできているかな?


下から見たところ↓
F-16XL_Ver2_btm.jpg
そういえばエースコンバット7にF-16XLが登場しなかったなぁ…。
5やZEROにも登場していたのに。


前から見たところ↓
F-16XL_Ver2_frt.jpg
少し横に傾いているけど仕方ない。


後ろから見たところ↓
F-16XL_Ver2_bck.jpg
エンジンノズルも比較的円状に出来て良かった。


F-16XLを作った感想は、
予想していたよりはかなり綺麗に出来て良かったと思います。
毎回これぐらい上手くいったらいいけどねぇ…。

次回のペーパークラフトは
可動翼のトーネードIDSの予定です。


F-16XLの雑な解説
アメリカのジェネラルダイナミクスが開発した戦闘爆撃機。
F-111の後継機計画の複合任務戦闘機(DRF)プログラムに提案したF-16の派生型である。
主翼をクランクド・アロー翼、水平安定板を無くすなど大幅な設計変更をすることで、
兵装などの搭載箇所と量を増やすことを実現するものだった。
DRFではF-15Eが採用され、作られた試作機はNASAに渡され各種の研究・調査に使用された。
生産数は試作機の2機のみ。

参考にした解説
F-16XL (戦闘機) - Wikipedia
F-16 ファイティングファルコン (世界の名機シリーズ)(青木 謙知 著、イカロス出版)

*追記 (2020/10/10)
タイトルを修正しました。




10月になりました

10月になりましたね。
最近、夜から朝にかけて寒くなってきました。
昼間は過ごしやすいのはいいけど、
昼夜の温度差に気をつけないといけませんね。


今日のイラスト↓
Dau-Blezza 191225




プロフィール

大西 舜

Author:大西 舜
のんびりイラストを描いています。
描くものはドラゴン、獣人ばかりなので注意してください。
折り紙やペーパークラフト(主に戦闘機)も作っています。
なお、ブログ内の画像の無断転載は禁止しています。
土曜日に不定期更新の予定。

最新記事
最新コメント
アーカイブ
カテゴリ
今まで描いたイラスト
今まで作ったペーパークラフト
今まで作った折り紙たち
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

その他のブログランキング
訪れた人の数