FC2ブログ

400歳のサメ

北太平洋に生息するニシオンデンザメが
400歳近く生きることが分かったそうです。

約400歳のサメみつかる、脊椎動物で最も長寿 (Yahoo!ニュース)

400年間生きているということは、
日本なら江戸時代初期に生まれて今に至ることになりますね。
動物でここまで生きることができるのはすごいですが、
人の手に捕まえられなかったら、もっと長く生きたかもしれません。

上の記事によると、
ニシオンデンザメが大人になるまで150年かかるそうです。
150年かかるということは成長するのがかなり遅いらしく、
人間の活動によって存続に大きな影響がでるそうです。
専門家は保護をすることを言っていますが、こういった生き物は保護が難しそうですね。


今日のイラスト↓
Su-37 160723
Su-37を描いてみましたが、カナード翼が少し見づらいですね。


今日のペーパークラフト↓
su-37_top.jpg
ようやくSu-37が完成しましたが、
少し出来が悪いので同じ展開図を微修正して作り直す予定です。


横から見たところ↓
su-37_side.jpg
機体番号の位置が少し変ですが、まあいいや。


前から見たところ↓
su-37_front.jpg
パイロン(ミサイルなどをつける支柱)をつけてないけど、作り直すときに付けよう。


後ろから見たところ↓
su-37_back.jpg
推力偏向ノズルの再現は出来ないので、
Su-37というよりSu-35UBを作ったという扱いにした方がいいかな?

作った感想として、
以前作ったSu-27より少し再現性は高くなったかなと思います。
ただ少しサイズが大きくなったので、置く場所にちょっと困るかもしれません。
次は何を作ろうかな?
MiG-31、JAS-39、ステルス機(未定)のいずれかにしようと思います。
リクエストがあったら、それを作るかもしれません(三面図があれば)。


Su-37の雑な解説
スホーイが開発したSu-27にカナードをつけたSu-35(Su-27M)に推力偏向ノズルをつけたマルチロール機。
ロシアでの愛称はチェルミナートル(英語におけるターミネーター)、NATOコードネームはフランカーE2。
推力偏向ノズルにより高度を変えずに宙返りする「クルビット」
という機動ができるといった高機動性を持っているが、
推力偏向ノズル付きのエンジンの生産が遅れたSu-30MKIに取られたり、
Su-35やSu-30系にアビオニクスなどがフィードバックされたため、存在意義がなくなってしまった。
(実験機としてはそれなりの役割は果たしたかもしれない)

現実では散々な扱いをされているが、エースコンバットシリーズのSu-37は
強力な戦闘機として使うことができることが多いです(シリーズによってはF-22より強かったり…)。
おまけにゲームにおける待遇も良かったりします。
3ではパッケージ絵に描かれていたり(コフィン化などのオリジナル設定がされた架空機だが…)、
04ではエルジア空軍のエース部隊の「黄色中隊」が使用する機体だったり、
ZEROではベルカ空軍のエース部隊「ゲルプ隊」が使用している。

参考にした解説
Su-37 (航空機) - Wikipedia






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

大西 舜

Author:大西 舜
のんびりイラストを描いています。
描くものはドラゴン、獣人ばかりなので注意してください。
折り紙やペーパークラフト(主に戦闘機)も作っています。
なお、ブログ内の画像の無断転載は禁止しています。
毎週土曜日に更新の予定。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
今まで描いたイラスト
今まで作ったペーパークラフト
今まで作った折り紙たち
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

訪れた人の数